面倒な作業を丸投げできる!事務作業の救世主となる記帳代行の会社

サイトマップ
領収書とお金

記帳代行サービスでコスト削減と業務効率化を同時に達成!

電卓

どんな会社でも必ず必要になるのが記帳作業です。記帳は定期的に行わないと、決算の時に一年分まとめてすることになってしまいます。また、記帳作業を行っていない状態だと会社の経営状態が把握できません。そのような手探りの状態で会社の経営判断をすることは非常に危険であると言えます。
重要な業務の一つの記帳作業ですが、社長が自分で記帳するのは面倒で非効率だし、経理の人がいない場合は新たに人を雇うコストが発生します。そんなときは記帳代行サービスを利用して、記帳作業を丸ごと外注してしまいましょう。従業員を雇うよりはるかに安く、途中で辞めてしまうリスクもありません。
記帳代行サービスに業務を依頼すると、日々の領収書や請求書、通帳のコピーなどの資料を渡すだけで代わりに記帳を行ってくれます。また、会計事務所や税理士事務所など、その道のプロによる記帳代行サービスなら安心感もありますね。会社の状態を定期的に知ることができるので、精度の高い経営判断ができる可能性が高まります。
記帳代行サービスを利用することで、社長は本業に集中することができます。会社の業務効率化・コスト削減を考えるなら、記帳代行サービスの導入を検討してみるのもいいですね。

事務作業から社長を解放!記帳代行サービスを利用してみよう

会社の経営者であれば、売上を伸ばすことを考える時間は少しでも多く確保したいですよね。新しいアイデアを考えたり、販路拡大のために積極的に人脈を構築したりと、やることは多岐に渡ります。しかし、実際は社長が日々の雑務に追われてなかなか身動きが取れないことも多いのではないでしょうか。領収書や請求書の定期的な整理や会計ソフトへのデータ入力など、自分で記帳をしているとそれなりに時間もかかりますし、悩むことも多い作業なのでストレスも溜まってしまいがちです。
記帳は大切な業務ではありますが、言ってしまえば他の人でもできる業務です。新しく人を雇うまでの作業量でなければ、「記帳代行サービス」の導入を検討してみるのも一つの手です。
記帳代行サービスは、領収書や請求書などの資料を渡せば代わりに会計ソフトへ記帳を行ってくれます。会計事務所や税理士事務所がこのサービスを行っていることも多く、その場合はやはり安心感は高いですね。また、別料金にはなりますが決算書や申告書の作成・提出までお願いすることもできます。
社長は記帳代行サービスはを利用して得た数字をもとに、会社経営の次の一手を考えることに集中しましょう。会社を維持、成長させることができるのは社長だけです。

記帳代行とは?簡単な内容とメリットを解説

記帳代行という言葉を最近よく聞くようになってきました。でも実際のところ、具体的に何をしてくれるのかは案外知らないのではないでしょうか。この記事では記帳代行の内容と導入した際のメリットについて説明をしていきます。
記帳代行とはそもそも何なのでしょうか。ごく簡単に言うと「会社で行っている記帳業務を、代行業者にて行ってもらう」サービスです。領収書、請求書といった資料を契約した会社へ提出し、経営者に代わって会計帳簿を作成してもらいます。
次にメリットについて説明します。
【1.本業に専念できる】
経営者が記帳業務を行っている場合、作業的な事務仕事をすべて代行してもらうことで、本業に専念する時間を作り出すことができます。
【2.手続きが簡単】
契約する記帳代行業務の内容にもよりますが、領収書、請求書、通帳のコピー等をそのまま送るだけでOKだったりします。その他に会社が負担する業務はありませんので簡単に導入することができます。
【3.コストカット】
経理担当者が担当していた場合、経理関係の人件費の一部をカットすることが可能です。
【4.簡単に依頼先の変更ができる】
記帳代行は月単位で行うため、月単位で契約することが一般的になっています。連絡が遅いとか、対応が良くないといった理由で依頼先を変更したいと思うこともあるかもしれませんので、契約する際は、予め契約内容の変更や解除を月単位でできるような内容にしておくと安心です。


いろんな仕事が重なって、なかなか手を付けることができない経理の作業。でもその作業ができないと仕事に支障が出てしまう…。そんなお困りを持っている皆様、『ライト・コミュニケーションズ』にお任せください!一般的な記帳代行をすべて行い、皆様の悩みの種を解消いたします!

トピックス